東京五輪聖火、金栗四三生家へ

東京五輪の聖火が2021年5月5~6日の2日間、熊本県内を巡り、玉名市6人、和水町7人の聖火ランナーがトーチをつなぎました。和水町のコースは、「日本マラソンの父」金栗四三が明治30年から4年間通学した吉地尋常小学校跡地からスタートし、金栗四三生家前までの1.15km。生家近くでは小森田香さん(玉高51回)から一森聖史さん(大学生)へ「体力・気力・努力」の掛け声とともにトーチリレーをしました。前回の東京五輪県内聖火リレー(1964年9月11~13日)では金栗四三さんも玉名市で手を振って迎えたと熊本日日新聞(新生面)に紹介されていました。

また、玉名高校附属中学校の北川亜廉さん(3年)も山鹿市のコースで聖火ランナーを務めました。北川さんは、NHKの大河ドラマ「いだてん」で見た金栗四三に憧れて陸上部に入部し、活動しています。当日は金栗四三が初めてオリンピックに参加したときと同じように足袋を履いて走りました。「足にフィットして走りやすかった」とNHKの聖火リレーデイリーハイライトでコメントしていました。

吉地尋常小学校跡地
スタート地点となった吉地尋常小学校跡地
トーチリレー
小森田香さん(高51回)から一森聖史さんへのリレー
金栗四三生家
聖火を待つ金栗四三生家
金栗四三生家
金栗四三生家

東京五輪聖火、金栗四三生家へ」への2件のフィードバック

  1.  玉高23回卒(旧職員)の坂口幸裕(和水町在住)です。

     私は、小森田さんのすぐ前の区間を走り、彼女に聖火を「つなぎ」ました。小森田さんが玉高の後輩であることを、本日金栗大先輩の墓参に一緒に行ったときに知りました。「ご縁」というものを感じますね。
     玉高卒で聖火ランナーを務められた方が他にも多数いらっしゃるかもしれませんが、玉高卒業生から卒業生へと直接聖火をつないだのは数少ない例かと思い、初めて投稿しました。
     私たちは「聖火は、生家へ。カナクリ」と叫んでトーチキスポーズ。盛り上がりましたよ。

     なお、試走に行った折に、なんと四三先輩のお姉さまのお孫さん(生家近くに在住)に道端で遭遇。聖火リレー数日後、ご自宅を訪問し、四三先輩やスヤさんの話などを聴かせていただきました。
     
     また、私の玉高在学時に金栗先輩の銅像が建立され、間近に金栗先生のお姿を拝見したことを昨日のことのように覚えております。

     母校の益々のご発展を祈念しています!

    • 投稿ありがとうございます。HP管理者の上原(高26回、旧職員)です。聖火リレーのトーチキスを見ようと待っていたら、小森田さんが走ってきてびっくり。在職していたときの教え子でした。もう一つ手前で待っていたら、坂口さんにもお会いできたのに。私の在学時にも、金栗さんが体育祭にお出でになってご挨拶されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です