イロハモミジの翼果

若駒寮のイロハモミジもあっという間に葉を広げました。葉の上には翼果(よくか)と呼ばれるプロペラのような果実をつけています。少しでも滞空時間を長くして、離れた場所に種を飛ばそうという植物の戦略です。

幅約2センチ。4月12日撮影

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です