同窓会からのお知らせ(令和2年度)

同窓会本部から会員の皆様へこれからの同窓会の在り方などをお知らせし、ご支援とご協力をお願いするコーナーとしてこのページを設けています。(同窓会会報50号から転載)

1.同窓会活動へのご協力のお礼、年会費納入のお願い

 令和元年度もたくさんの同期・周年・賀寿記念同窓会が行われ、喜びと共に旧交を深められた事と思います。また、大分支部、荒玉支部、くまもと白亜会、北九州支部、関西支部、鹿児島支部、大牟田支部、在京玉高会のほか、玉名市役所玉高会等も総会やパーティーなど懇親会が行われました。同時に年会費納入にもご協力いただきましたことに感謝申し上げます。なお、年会費は同窓生全員にお願い致しております。今後もよろしくお願い致します。


2.同窓会費の使われ方について

 令和2年度より玉名高校の卒業と同時に年会費のお支払いをお願い致しております。進学した卒業生の皆さんはしばらくの期間は住所も定まらず、就職までも期間があることから、ご実家の保護者の方々のご負担になるかと思いますが、今後就職までの同窓生の支援も加えていくような年会費の使い方も検討して参ります。現在は、在校生17.9%、同窓生19.1%、広報(含会報誌代)18.9%、事務局運営24.9%という使い方です。

  • 同窓会費納入方法  同窓会会報送付時に同封の納付書で振込をお願いします。

3.目的(指定)寄付金 受付のお知らせ

 創立115周年の際は「金栗四三先輩銅像」の制作の目的に会員の皆様に寄付金を募りました。今回は、いよいよ老朽化してきた玉高のシンボル時計台付きの校舎を取り壊しから守るための「玉高白亜の校舎永年保存目的寄付金」を広く募ります。新型コロナウイルス蔓延の社会情勢の中、同窓生の関係のご家族の方々の生活も大変厳しいことと察しております。同窓会としては、今後の社会情勢の劇的な変化に対応できるような母校と同窓生の支援を各方面で行いたいという気持ちでいっぱいです。

在校生支援目的寄付金
 在校生支援には生徒会活動やクラブ活動の支援や、学校生活の環境改善の支援、図書館の蔵書充実があります。特定(指定)のクラブ活動への支援寄付も含めて、寄付者の意向を尊重して使用させていただきます。現在、海外研修支援寄付金を特に重点項目としてお願いしているところです。

学校支援目的寄付金
 学校施設内の設備や記念物の設置、在校生の三綱領習得のための事業への協力、教師への支援等があります。この寄付金は一部基金的要素を含みますが、用途は学校側と協議しながら活用していきます。

同窓会支援目的寄付金
 同窓会館若駒寮も築12年を経過しました。その維持管理費や会館利用促進、支部活動を含めた同窓会活動をより盛んに行っていただくための目的寄付金です。特に、これからは支部支援に力を注いでいくプランを提示しながら活性化を図ることが必要で、その予算化のためにご配慮お願いします。

玉高白亜の校舎永年保存目的寄付金
 今回新たに10年計画で、校舎を国の重要文化財指定にしていくための資金です。

  • 目的寄付金の納入方法
    1.同窓会館若駒寮内事務局員池上へお申し出ください。                             2.同窓会会報送付時に同封の振込用紙(ゆうちょ銀行専用)で振込をお願い致します。                   ①目的寄付金は支援したい項目を選んでいただき、ご自分で金額を記入の上、納入お願いいたします。          ②所定の振込用紙を使用せずに振り込まれる方は、名前の後に寄付金内容を全角カタカナで入力お願いします。      ③校舎永年保存目的寄付金は、今後10年にわたり募ってまいります。よろしくご支援をお願い申し上げます。
  • お問い合わせ先                                                玉名高校同窓会事務局 TEL 0968-75-1533(月・水・金)                             〒865-0064 玉名市中1997番地1                                        Mail:info@tamakodosokai.jp