MENU
   

年頭のご挨拶
 

 あけましておめでとうございます。校長の月井です。
 同窓会の皆様におかれましては、お健やかに初春をお迎えのことと存じます。
 旧年中は、本校の教育活動に物心両面からご支援を賜り、誠にありがとうございました。また各地の同窓会では、我々を温かく迎えてくださり、感謝申しあげます。皆様方の母校への熱い思いを実感し、玉名高校の発展のためにもっと頑張らなければと思いを新たにしました。
 振り返ってみますと、5月の体育祭は、当日までにインフルエンザによる学級閉鎖や雨天による練習日程変更もありましたが、5千人に近い観覧者を迎え、高校全日制や附属中学校の生徒たちの競技と演技は見事なものでした。
 8月には益城町においてボランティア活動を昨年同様に実施しました。台風のため一部内容を変更しましたが、全日制生徒会の生徒や附属中学校の生徒たちが、かき氷の提供や除草作業等を行い、被災された方々を元気づけてくれたことと思います。
 9月の若駒祭も台風のため、2日目の観覧時間を短くするなどしたものの、それ以外は予定どおりに実施できました。県下唯一、高校全日制・定時制、附属中学校合同によるバラエティに富んだ文化の薫り高いものでした。
 10月、玉名市民ホールにおける学芸発表会では附属中学校の生徒たちが、また、県立劇場における県高校定時制・通信制文化大会では生活体験発表やステージ発表で定時制の生徒が練習した成果を見せてくれました。
 さて、いよいよ、1月13日、14日にはセンター試験があります。昨年度は、玉名高校に進学した附属中学校の生徒が初めて卒業しましたが、高校から入学した生徒たちも含めて、素晴らしい進学実績を出してくれました。今年度も、それ以上の結果になるよう、この3年間(あるいは6年間)地道に努力を重ねて来ましたので、ご期待ください。
 これからも「県北の進学拠点校として、心を育て、全国難関大等への進学を実現」というSI(スクール・アイデンティティ)に相応しい学校として、真価を発揮していく所存です。同窓会の皆様方には、今まで同様、ご理解とご支援よろしくお願い申し上げます。
 最後になりましたが、同窓会の益々のご発展と会員の皆様方のご健勝を祈念申し上げ、年頭の挨拶といたします。

平成30年 新春
     玉名高等学校     
玉名高等学校附属中学校
校長 月井 雅晴
  
ページトップへ 戻 る
 
個人情報会則お問い合わせ
Copyright (C) 2008-2018 玉名高校同窓会. All Rights Reserved.