MENU
   

 同窓会会長就任の挨拶
 
 
 地球温暖化の影響で年々厳しい暑さが続いています。会員の皆様はご健勝であられることを祈念致しております。 
 私儀五月二十五日の代議員総会におきまして、鹿井禎二会長のあとを受けて、会長を務めることになりました。これから二年間宜しくお願い致します。
 創立百周年を契機として、同窓会費を皆様から納入頂くようになり、同窓会活動も飛躍的に活発になったように感じています。くまもと白亜会、荒玉支部など結成され縦横の絆が深まる状況を見るにつけ、非常に喜ばしく思っています。
 「初心忘るべからず」という言葉がありますが、会長が交代するたびに同窓会組織も目的を思い起こすことも大事でしょう。
 在校生が学校の同窓生先輩の存在を気付く機会になっているか。先輩は後輩を守り、育て、後輩は先輩の存在に尊敬と感謝を持って強い絆を作っているか。地域、職域の支部同窓会が活発化ができているか。など、常に「至誠・剛健・進取」の三綱領がそれぞれの人生の中で生き続けるよう願いながら、会長の責任を役員の方々と一体感を持って努めようと思っています。同時に百十周年の記念行事が成功裡に終わることと祈念し、挨拶と致します。
 さて今年は、創立110周年にあたります。玉名高校では例年の行事のすべてに110周年を冠し、生徒諸君に玉高の歴史と伝統の重みと三綱領の育成に努力されています。早いもので熱気溢れた100周年記念大会から10年が経過しました。100周年の時も、次の100年への第一歩という事で気持ちを新たにしたものですが、今回も再びあの熱気を思い出しすべてに対して、至誠の心で動き、進取の気概で前向きに取り組み、一旦事ある時には剛健な気風で突き進みながら縦と横との絆をより深め、刺激し会える事を期待してやまないところです。
 最後にまた110年の祝賀に立ち会えるという機会に恵まれた事を会員の皆様と共に喜び感謝し、記念行事が成功裏に終わることを祈念し挨拶といたします。

                                            前田利為(高12回)
 
 
ページトップへ 戻 る
 
 
 
個人情報会則お問い合わせ
Copyright (C) 2008 玉名高校同窓会. All Rights Reserved.